不思議ch 2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【古代】マヤ文明の衰退、従来説を覆す研究成果「食料難により全面戦争が勃発」説に異議

   

1: しじみ ★ 2019/08/18(日) 23:18:48.74 ID:2E6mpNOa9
古代マヤ文明において古典期と呼ばれる700年ほどの期間(紀元250年ごろから950年ごろまで)、戦争はある程度「儀式化」されていたというのがこれまでの定説だ。

 つまり、王族が連れ去られたり、象徴的な建造物が解体されたりすることはあっても、大規模な破壊行為が行われたり、一般人に大量の死傷者が出たりしたことはめったになかった。そして古典期の終わりになって干ばつが増え、食料が不足した結果、王国間の戦争が激化して文明が衰退に向かっていった、という説だ。

 しかし、8月5日付けの学術誌「Nature Human Behaviour」に掲載された論文で、気候の影響でマヤの農業が崩壊するより前に、兵士だけでなく一般人をも巻きこんだ激しい戦闘行為(「総力戦(total warfare)」と表現されることが多い)が起きていた証拠が示された。

(以下略) 

全文は
ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/080600462/


続きを読む

歴史的速報 https://ift.tt/2zpIfT2

 - 未分類 ,

×